nanacara for Doctor – ナナカラ フォー ドクター –

nanacaraアプリで記録した発作状況などを、てんかん専門医が診療時にパソコン等で閲覧できる医師向けサービス『nanacara for Doctor』の提供を10月14日より正式に開始しました。

てんかん患者・家族から「nanacaraで記録している発作や動画を診療時に先生に共有したい」とのリクエストが多くあったことから、大阪市立総合医療センター 小児青年てんかん診療センター/小児神経内科の協力・監修のもと『nanacara for Doctor』を開発しました。
これにより、てんかん患者・家族はより正確な情報を伝えることができるとともに、医師は患者の状況をより簡単にかつ正確に把握することが可能となり、てんかん診療の質的向上を図ることができます。


◉ nanacara for Doctorについて


「nanacara for Doctor」は、nanacaraアプリで記録した発作状況などをインターネット経由で医師と共有する医師向けのクラウド型サービスです。

てんかん患者・家族がnanacaraアプリから、医師への共有を承認することで、医師はnanacara for Doctorのweb画面で患者の病名等の基本情報のほか、「発作回数・服薬状況・発作時の動画」を診療時に閲覧することが可能になります。

 

これまでは、医師が発作状況などを確認するためには、てんかん患者・家族からの説明やてんかん手帳などで確認する必要があり、それに対して診療の時間が割かれてしまうことに加えて、どうしても正確な情報を把握することは困難でした。
その中で、てんかん患者・家族からのnanacaraで正確に記録してきた発作等の情報を『医師と共有し、診療に役立ててほしい』という声をもとに、nanacara for Doctorを「大阪市立総合医療センター 小児青年てんかん診療センター/小児神経内科」監修のもとで開発し、9月より診療現場での実証を経てサービス提供に至りました。
このように両サービスの連携によって、医師とてんかん患者・家族の診療時の負担を軽減し、より効果的な診療を実現することで、てんかん患者・家族の「暮らしの質の向上」、および医師の「医療の質の向上」を目指してまいります。

 


◉ お問い合わせについて


nanacara for Doctorについてのお問合せは下記のメールアドレスまでご連絡ください。

担当:安藤・村上
Email: info@nanacara.jp