nanacara開発レポート Vol.001〜スプリントとは?〜

2020.04.04

皆さん、こんにちは。
nanacaraのリリースから4月3日で2週間。
私たちの想定を超えるダウンロードをいただいております。
皆様誠にありがとうございます。

さてnanacaraは、皆様と育てるアプリだと、私たちは考えています。
だからこそシステム開発・改善状況をできるだけ皆様に見える形でお知らせしていきたいと思います。
そんな中、今回は開発手法を公開します。
(いきなり小難しいお話すいません)

nanacaraでは2週間を1つのサイクルとしてシステム開発を回しています。このサイクルを「スプリント」と呼んでいます。2週間に1回、スタートとゴールをする感じです。
スプリントの始まりと終わりに打ち合わせをします。
スプリントの始まりでは、このスプリントでどこまでするか?
終わりでは、このスプリントでどこまでできたか、次のスプリントで何をするかをすり合わせます。

そして、スプリントで開発した中から、リリースが可能なものを選択し、その後テストを行い、各アプリストアに申請、承認され次第、アプリのバージョンアップが公開されるという流れです。

昨日、その打ち合わせがありましたので、内容を共有させていただきます。

【本日までの開発状況】
リリース後から昨日までのスプリントでは、アプリリリース時に発覚した以下不具合を改修しました。

●タイマーのリセットに関する不具合の解消
(ワンタップ記録の後やグラフページにアクセスした後にタイマーがリセットされない問題を解消しました)

●グラフがリアルタイムに修正されない不具合の解消

●その他細かい不具合の解消

これらを来週からテストし、完了次第、各アプリストアに審査申請を行う予定です。

そして来週からは不具合の解消と共に、ここまでFacebookやLINE@、そしてアプリからのお問い合わせで皆様から頂いた貴重なご意見を元にした改修にも着手する予定です。

皆様のお声を元にどんどん使いやすいアプリにしていきますので、こちらのFacebookや公式LINE(https://lin.ee/3ETbd4d)でもどしどしご意見をいただければと思っています。

次回は今後開発に着手を予定する内容をご案内します。
皆様と共に、nanacaraを育てていければと思います、宜しくお願い致します!